ブログ運営

【最短5分で簡単移行】SSL対応エックスサーバー「WordPress簡単移行β版」使ってみた!

こんにちはHaru(@yurupura_haru)です。

以前、当ブログを激しく重たいさくらサーバーから→エックスサーバーに移行しました。

エックスサーバーへ移行した結果、サイトの速度を計測するスピードテストの結果は

48点から91点に上がりました!!

さくらサーバーとの費用やプラン比較については>>>さくらサーバーが重すぎてエックスサーバーへ移管代行したら高速化に成功!をどうぞ

しかし、以前立ち上げたサイトがさくらサーバーに1つ残っている状態で、いまだにさくらサーバーを解約出来ない状態でした。

Haru
Haru
更新していないPVも無いブログのサーバー移行に1万円払って代行を頼むのはコスパが悪すぎる…

そんな私の悩みを解決してくれるエックスサーバーの新サービスが開始されました!

知識がなくても、素人でも簡単に操作が出来る、

SSLにも対応!「WordPress簡単移行 β(ベータ)版」です!

この記事のポイント

 【最短5分で簡単移行!】エックスサーバー「WordPress簡単移行」機能使ってさくらサーバーからサイトを移行してみた!

今回私は、さくらサーバーから→エックスサーバーへサイトを移動しました!

Haru
Haru
動作が早くて移行サービス機能も追加されたエックスサーバーを全力でおすすめします!

\爆速サーバーを体感!10日間無料お試し/エックスサーバーHPをチェック!▲1月7日まで初期費用”半額”キャンペーン!▲
 

SSL対応エックスサーバー「WordPress簡単移行β版」とは?

SSL対応エックスサーバー「WordPress簡単移行β版」とは、

他サーバーからエックスサーバーへ簡単操作で移行が出来るサービスです。

SSLにも対応しています

■提供開始日
2018年12月10日(月)から開始されています

■提供対象
エックスサーバー 全プラン

■ご利用方法
サーバーパネルへログイン後、
『WordPress』カテゴリの「WordPress簡単移行」メニューにて
WordPress移行情報を登録してください。

◇マニュアル
WordPress簡単移行

※ベータ版での提供となります。

通常データーサーバーの移行をするためには、このような手順を行う必要があります。

通常のサーバー移行の手順
  1. 新レンタルサーバーの契約
  2. 新レンタルサーバーでドメインの追加
  3. 元レンタルサーバーからデータをダウンロード
  4. 新レンタルサーバーにデータをアップロード
  5. 元レンタルサーバーでデータベースをエクスポート
  6. 新レンタルサーバーでデータベース作成、データをエクスポート
  7. メールアドレスの設定
  8. 新レンタルサーバーで動作確認
  9. DNSの浸透を待つ(1日〜3日程度)
  10. 元レンタルサーバーを解約
  11. ドメインの移管手続きをする

 

これらの手順をこなすには素人にはハードルが高く、手順を見ただけでそっとPCを閉じてしまう自分がいました…

しかしそんな煩わしい作業を、SSL対応エックスサーバー「WordPress簡単移行β版」を使えば、素人でも最短5分でデータサーバーを移行することが出来ます。

Haru
Haru
ぶっちゃけ、この機能を使えばもうココナラで代行を頼む必要はありません!

SSL対応エックスサーバー「WordPress簡単移行β版」の手順

SSL対応エックスサーバー「WordPress簡単移行β版」の手順は本当に簡単です。

素人の私でも、本当に簡単にデータサーバーの移行が出来ました。

データーサーバー移行手順
  1. エックスサーバーに登録後”サーバーパネル”にログインする
  2. サーバーパネルの「WordPress簡単移行β版」をクリック
  3. 「WordPress移行情報登録」に情報を入力
  4. ”移行開始”をクリック
  5. サーバー移行完了
  6. ネームサーバーの変更、サイトの動作確認
  7. 元サーバーの解約
移行前には必ずバックアップを取っておきましょう!

手順について、順番に説明します。

1、エックスサーバーに登録後”サーバーパネル”にログインする

エックスサーバーに登録後、サーバーパネルにログインします。

無料期間中でも移行は可能です。

2、サーバーパネルの「WordPress簡単移行β版」をクリック

3、「WordPress移行情報登録」に情報を入力

真ん中にある「WordPress移行情報登録」のタブを選択します。

上から順番に、情報を入力します。

  • 移行元URL:移行元のサイトのURLを入力
  • 移行元WordPressのユーザー名:移行元サイトのWordPressのユーザー名を入力
  • 移行元WordPressのパスワード:移行元WordPressのパスワードを入力
  • URL:移行したいURLを入力
移行元URLと、最後のURLは同一のものを入力します

4、”移行開始”をクリック

全てを入力したら、右下の移行開始(確定)をクリックします。

画面が切り代わり、移行ステータスが作動します。

待機中(0%)から、

データ移行完了(100%)に切り替わります。

完了したら、右下の確認ボタンを押します。

5、サーバー移行完了

ステータス:完了が表示されると、データ移行は完了です。

Haru
Haru
これでデータの移行は完了!本当に簡単です!

6、ネームサーバーの変更、サイトの動作確認

その後、ネームサーバーの変更をしてサイトの動作確認をします。

7、元サーバーの解約

サイトの動作確認が全て終わったら、元サーバーの解約手続きをします。

私は、全てのサイトをさくらサーバーから→エックスサーバーに移動することが出来たので、さくらサーバーを解約しました!

Haru
Haru
年内に断捨離したかったのでスッキリしました!

SSL対応エックスサーバー「WordPress簡単移行β版」のまとめ

知識の無い私でも、SSL対応エックスサーバー「WordPress簡単移行β版」を使って簡単にサーバーの移行をすることが出来ました。

エックスサーバーは、サポートが充実しており、万が一エラーが発生した時にはお問い合わせを利用することが出来ます。

Haru
Haru
カスタマーサポートからは、お問い合わせをすると翌日には連絡がきます!
エックスサーバーおすすめな人
  • パソコンの知識がない!
  • サーバー移行の代行にお金を掛けたくない!
  • 読み込み時間、動作が早いレンタルサーバーに乗り換えたい!

そんな人は今のサーバーから、エックスサーバーに乗り換えることを全力でおすすめします!

エックスサーバーは、1月7日(金)18時まで”初期費用半額キャンペーン”を実施中です!

期間中は、通常3,000円(税抜)のサーバー初期設定費用が半額の1,500円(税抜)になります!

この機会に是非、エックスサーバーに乗り換えましょう!

\爆速サーバーを体感!10日間無料お試し/エックスサーバーHPをチェック!▲1月7日まで初期費用”半額”キャンペーン!▲
 

わんこず
わんこず
最後まで読んでくれてありがとう!ブログの更新情報はtwitterで発信しているからフォロー(@yurupura_haru)してくれたら嬉しいぞ♪