子育て

妊娠・出産・育休前にやっておきたいことリスト〜身体メンテナンス編〜

ママ友
ママ友
妊娠、出産の前にやっておけば良かったってことって結構あるよね…
Haru
Haru
これから妊娠する予定の方にぜひ知ってもらいたい!

こんにちはHaru(@yurupura_haru)です。

妊娠、出産を経て、育休に入ってみると

あぁ、妊娠・出産・育休前にやっておけば良かったなぁ…と思うことが出てきます。

この記事のポイント

現在妊活中の方や、今後お子様を授かるご予定の方へ向けて事前にやっておいた方が良いことをご紹介しています。

Haru
Haru
全部は無理でも、出産に向けて少しずつ準備を整えていこう!

 

 

妊娠・出産・育休前にレーシックしておいた方が良い

私の視力は両目共に0.003です。(低!)眼鏡をかけないと、家の中で犬を踏んでしまうほどに目が悪いです。

目が悪い私が『レーシックをしておけば良かった』と心の底から思ったのは、陣痛が始まった時です。

出産時、原則コンタクトはNGです。

陣痛が始まると、苦しくて苦しくて室内は熱気に包まれました。すると自分の熱気で眼鏡が曇ってとても邪魔でした。

そして、出産を終えて生まれて来たばかりの我が子を胸の上に乗せての記念撮影はもちろんスッピンに眼鏡になります。

Haru
Haru
仕方ないんだけど…ね

産後の入院生活や退院後の生活でも、夜中に子供が泣いて起きる度に暗闇の中で眼鏡を探す手間を考えると目が良いに越したことはないと思うようになりました。

レーシック手術をすると視力が回復すると言われています。

目が悪くて日常的に眼鏡を使用している方、レーシックの手術を検討されている方は妊娠前、早めにしておいた方が育児もしやすくなるでしょう。

 

 

妊娠・出産・育休前にインプラントしておいた方が良い

インプラント治療は、一定期間病院に定期的に通い続ける必要があります。

私が子供を連れて歯医者に通うことになってその大変さに気が付きました。

生後半年の抱っこ紐の時期迄は乗り越えることは出来ますが、1歳にもなると長い時間膝の上でじっとしていること自体困難になります。

子供を預かってくれる保育スペースがある歯科医院はとても少ないです。

ましてやインプラント治療となれば長期の通院はとても大変になります。

これらのことから、インプラントだけではなく歯の治療は出来る限り早めに終えておいた方が良いでしょう。

\新宿・町田・横浜で無料カウンセリング/

インプラント

妊娠・出産・育休前に永久脱毛しておいた方が良い

私が永久脱毛しておけば良かった!と感じたのは、妊娠中にホルモンバランスの関係で全身の毛が濃くなってきた時です。特にお腹を守ろうとするのか、お腹周りの毛はとても濃くなりがちです。

産後のお風呂は、首の座らない子供が中心になり自分の身体はさっと洗い流すくらいで精一杯です。自分の身体の毛の処理は後回しになりがちです。

自分の経験上考えると、永久脱毛をするタイミングとしてのベストは結婚式の前が1番良いですね。

\プライバシー厳守の個室相談!/

【表参道スキンクリニック】医療脱毛

妊娠・出産・育休前にネイルをやめて自爪を鍛えておいた方が良い

ネイルをしている妊婦さんは、婦人科に通い始めると病院の先生に必ず注意を受けます。

爪の状態(色味や状態)を見て、健康のバロメーターを測るため妊婦さんは基本的にネイルをしてはいけないと言われています。

定期検診の間は怒られつつ逃れることが出来たとしても、測定器を指先に付けるため出産時には必ずネイルを落として来るようにと念を押されます。

私も、何十年もネイルサロンに通ってスカルプチュアやジェルネイルをしてきました。

妊娠が発覚し急遽ネイルをやめて自分の爪を確認すると、長期間自爪にダメージを与え続けた結果、自爪は弱って薄くペラペラ。とてもかわいそうな状態になっていました。

今ではパソコンを打つ時に心地よい程度の自爪に回復しましたが、補強して栄養を与えるマニキュアを使用し続けて元の状態に戻すまでに半年もかかりました。

妊娠が発覚したら直ぐにでもネイルを外して、自爪を鍛えましょう!

 

妊娠・出産・育休前にマツエクをやめて自まつ毛を鍛えておいた方が良い

私は、マツエクが出はじめた頃からかれこれ13年程マツエクのサロンに通い続けていました。

Haru
Haru
計算すると今までにマツエクにかけた金額はざっと計算しても150万円以上…(絶句)

マツエクを出来る限り早めにやめた方が良い理由は2つあります。

  1. お腹が大きくなっていくとマツエクサロンのリクライニングシートが辛い
  2. 産後は子育てが忙しく月に1度サロンに通うことが困難になる

正直に言うと、私は産後のスッピン写真を少しでも盛りたかったので臨月までマツエクをしていました。

しかし産後家に戻って子育てが始まると、何ヶ月経ってもその次のサロンに行く目処が立ちませんでした…

そうなると悲惨です。マツエクが抜け落ちて家中に落ちて、眼鏡をかけないまま黒い物体を虫だと勘違いをして驚いたり…

我が子の肌着に抜け落ちたマツエクが繊維に紛れ込んだり…

そして抜け落ちながらもマツエクが数本だけが目に残っている状態は、鏡を見る度にテンションが下がります。

更には、長い間自まつ毛を痛め続けてきたので自まつ毛の修復にも時間がかかります。

現在は、補修液や美容液を徹底的に使うことで何とかマツエク無しでも大丈夫になりました。

産後は、ニューボーンフォトや、お宮参り、お食い初め等イベントで写真撮影する回数も増えます。

出来れば妊娠前にマツエクをやめて、自まつ毛でも勝負出来るようにしておいた方が良いですよ!

 

妊娠・出産・育休前に髪の毛を黒染めしておいた方が良い

最後は、髪の毛の『色』についてです。

妊娠中でも、刺激の少ない天然の染料を使ったカラー剤を使うことによって髪の毛を染めることは出来ます。(人によっては肌がかぶれやすくなる方もいるので美容師さんによく相談してくださいね)

私は長い間、髪の毛を暗めのブラウンで染めてもらっていました。しかし、妊娠中お腹が大きくなってくると、美容室のリクライニングシートで仰向けになってシャンプーをすることが困難になってきます。

すると、物理的に妊娠7、8ヶ月あたりから〜産後落ち着くまでは美容室に行くことが出来ません。

その結果、臨月や出産時、産後直ぐのママはだいたい髪の色がプリン状態になります。

産後も定期的に美容院に通うことはご家族の協力がない限り難しいでしょう。

出来る限り早めに、黒染めもしくは染めなくても良い髪の毛の色味にしておいた方が良いでしょう。

\全額返金システムで気軽に試せる!/

くろめヘアカラートリートメント

まとめ

これらのことを極力早めに整えていくと、装飾が取れたナチュラルな状態に近付くことが出来ます。そしてナチュラルな自分の魅力に気がつくことも出来ます。

そして、今までに装飾に掛けていた出費を抑えることで子供のために貯金が出来ます。

毎月掛かっていた美容代を計算すると…

  • ネイル 6,000円×月2回=12,000円/月 年間→144,000円!
  • マツエク 10,000円/月 年間→120,000円!
  • 美容院カラー代 8,000円/月 年間→96,000円!

ネイル、マツエク、カラーをやめるだけで年間360,000円の節約が出来ます!

妊娠中はお腹の中で子供を育てる大切な時期です。そして産後は、育児中心の生活になり自分の身体のメンテナンスをこまめにすることは難しくなります。

自分の身体のことでストレスを感じないために、出来る限り早めに、然るべきタイミングで準備を整えていきましょう。

わんこず
わんこず
最後まで読んでくれてありがとな!ブログの更新情報はtwitterで発信しているからフォロー(@yurupura_haru)してくれたら嬉しいぞ♪

ブログランキング参加中!ポチっとお願いします▼

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村