ライフスタイル

シニアのスマホ/LINEの利用率は高い?祖父母にラインを覚えてもらう方法!

こんにちはHaru(@yurupura_haru)です。

このツイートにたくさんの反応をいただきました。

フォロワーさん
フォロワーさん
私も祖父祖母とLINEをしたいと思ってますが、どう説得したら良いかわかりません!

というご意見を多数いただきました。

そこで今回は、実際に私が実践した

  • おじいちゃんとおばあちゃんにLINEデビューしてもらう方法
  • LINEが繋がったことによってもたらす効果

についてまとめてみました。

説得するまでの状況を詳しく伝えたかったので4,000字の長文になってしまいました。

お時間が無い方はブックマークして後でじっくり読んでいただけると嬉しいです!

Haru
Haru
おじいちゃん、おばあちゃんに元気になって若返ってもらいたいと思う人は是非最後まで読んでね!

 

 

シニアのスマホ保有率とLINEの使用率について

実際にシニア(50歳〜79歳)のスマホの利用率はどれくらいなのでしょうか?まずはこちらの表をご覧ください。

 

「スマートフォン」の利用率は、2015年34.9%→2016年40.9%→2017年53.0%と年々上昇しており、昨年から12.1ポイント上昇して、2017年には初めて5割を超えました。

 

そして、facebookとLINEの利用率についてのグラフはこのようになっています。

「LINE」を利用しているシニアは全体の41.5%でした。LINEを使って友人や家族とコミュニケーションをとっているシニアは少なくないようです。

引用元:ソニー生命のシニアの生活意識調査

私は正直、この調査結果を見てびっくりしました。

祖父母は私が提案するまで、ガラケーを通話用に持っているのみでスマホに対して全く興味を持っていませんでした。

しかしグラフからも読み取れる様に、シニア層にもスマホやLINEが普及していることがわかります。

 

 

スマホを持つ前の祖父母の状況

シニア層もスマホやLINEを利用している人が増えていることはわかりました。

しかし、うちの祖父母はスマホやLINEに全く興味がありません。

スマホを持つ前の状況はどんな感じだったかをお伝えします。

祖母は元気、だけど祖父は日に日に元気が無くなっていた

まずは祖父母の情報です。

祖母
祖母
82歳、シニア用ガラケー所持、腰は悪いが健康、絵画教室に月2回通っている
祖父
祖父
90歳、右耳が僅かに聴こえるだけで話すのが億劫になり引きこもりがちに。足腰悪く立ち上がるのも困難、手押し車で移動している
Haru
Haru
祖父は耳が聞こえなくなって補聴器を進めても使ってくれず。どんどん話さなくなって引きこもりがちに…

祖母も私も気がかりだったのは、どんどん塞ぎがちになっていく祖父の状態でした。

耳鳴りが酷いから、使い心地が悪いからと3回買い直した補聴器も拒否。

杖をついて歩くことも困難になり家の中ではハイハイで移動。外に出る時は手押しカートを使ってやっとの状態です。

日に日に元気が無くなって、自宅からほとんど外出することは無くなっていました。

そんな時に私は息子を出産しました。

 

出産してひ孫を抱かせたら何よりも元気の源になった

出産し、ひ孫を抱かせると今までは考えられないくらいに祖父母は元気になってきました。

祖母からの電話の頻度も増え、祖父も毎回電話を変わっては

祖父
祖父
次はいつ会いにきてくれるのかな?

と言う様になりました。

そして、試しにスタジオで撮った家族写真を見せたところ祖父がなんと

祖父
祖父
今度は一緒に写真を撮りに行きたい

と言い出したのです。

そこで私は思ったんです。

Haru
Haru
チャンスは今だ!祖母にスマホを持ってLINEを覚えてもらおう!

そこから一気に私は作戦を開始しました。

 

 

祖父母にスマホでLINEをしてもらうためにまずは目標を設定した

前置きが長くなりましたが、ここからが本題です(汗)

私が決めた目標はこの3つです。

  1. 祖母のガラケーをスマホ(iPhone)に切り替えてもらうこと
  2. 祖母にLINEの操作を覚えてもらうこと
  3. 祖母に送ったLINEを祖父に毎日見せてもらうこと

そして、この3つの目標を達成するために裏の3つの達成テーマが必要でした。

  1. 祖母にスマホの便利さを伝えて口説き落とすこと
  2. スマホの操作は簡単だし使った方が良いと思い込ませること
  3. スマホでLINEを使うと祖父が元気になると信じ込ませること

スマホを使うのは祖母なので、祖母を説得することに注力しました。

 

1番のポイントは、祖母にLINEを覚えてもらうことが→祖父のためになると言うことを強調したことです。

ターゲットは祖母ですが、祖母には『祖父を元気にするためにLINEを覚えて欲しい』と必死に伝えました。

祖母も『自分のため』に動くよりも『祖父のため』と思う方が行動を起こしやすくなると思ったからです。

結果、作戦は大成功でした。

祖母
祖母
そうね、お父さんにもっとちび丸ちゃんのビデオを見て元気になってもらいたいものね

その言葉を聞くことが出来た時にやはり『誰かのため』になることの方が人間は行動する力が強いのだと確信することが出来ました。

 

 

祖母にスマホの便利さを伝えて口説き落とした方法

私が実践したことをあげます。

  • 毎回会うたびに、撮った動画や写真を見せる(興味付け)
  • 目の前で主人や姉にテレビ電話をかけて、スマホを持たせて話をしてもらう(体感)
  • 祖母にスマホを持たせて、私と息子の写真を撮ってもらう(操作)

その他にも、かかってきた電話を祖母に受けてもらったり、LINEの画面を開いてスタンプだけを代わりにワンプッシュで返信してもらったりしました。

 

そしていつも

Haru
Haru
スマホにすればいつでも同じことが出来るから持ってくれると嬉しいなぁ…

と言いました。

その結果、2ヶ月ほどで

祖母
祖母
一緒に行ってくれるならスマホに変えて見ようかな…

という言葉を聞くことが出来ました。

そしてその次の日には早速スマホを買いに行きました。

 

 

スマホの操作は簡単だから使った方が良いと思い込ませた方法

祖母の心が変わらないうちに、次の日に携帯ショップに連れて行きました。

人間は新しい事を取り入れるのは面倒臭いと思うものです。

1日経つとテンションも下がります。そのため迅速な行動を心掛けました。

 

本体代金は出来る限り払ってあげた方が良い

祖母の意見を聞いて、本体代金は私が一括で払い毎月の通話料は祖母が払うことに決めました。

この時はauのガラケーからiPhoneに機種変更の手続きをしましたが、他社からソフトバンクに変更する場合は【スマホ乗り換え.com】を使うと高額キャッシュバックと1,000円分のAmazon商品券がもらえます。

本体代金を払うことによって”プレゼントされたからには、使わないと勿体無い(もしくは私に悪い)”と思ってもらうことにしました。

その方が祖母はスマホを使うようになると絶対に思ったからです。

 

いざ手にして操作してもらうと最初はテンションが必ず下がる

スマホを購入して実際に触ってもらうと案の定、祖母は戸惑ってみるみるうちにテンションが下がるのが分かりました。

Haru
Haru
ちょっと…悪かったかな…でも、使ってもらいたい!慣れないのは最初だけだ!

ここで大切なのは、慣れないのは最初だけ!慣れてしまえば簡単だよ!と言うことを体感してもらうことです。

そのために、

iPhoneには説明書が無いこと(それくらい操作が簡単であるということ)を強めに説明しました。

 

 

最初に覚えてもらう動作は3つだけ!

そして最初に覚えてもらう動作は、

  1. タップ(決定)
  2. ホーム(トップ画面に戻る)
  3. 右にスクロール(前の画面に戻る)

だけにしました。

その3ステップだけで、電話をかけて、切ること/電話を受けて、切ることを覚えてもらいました。

文字入力は簡単だと思う方法を選んでもらおう!

そして少しずつ、文字入力をフリック操作で教えました。

Haru
Haru
文字入力は、タップかフリックか実際に使ってもらいながら直感的に簡単だ!と思ってもらえる方を選んでもらおう!

祖母に、ガラケーでメールを使用していなかった理由を聞くと

”タップで文字入力するのが不得意だったから”と言う理由でした。

そのため、長押しして文字が上下左右に飛び出てくるフリック操作は感動するほど簡単に思えたそうです。

無理して文字入力をしなくても、LINEでの会話は

通話、写真の受信、動画の再生、スタンプ送受信だけで十分成立します。

とにかく『操作が難しい』と思わせないことが大切です。

無理に教えてスマホを触る事を嫌いになることが無いように気を付けました。



 

 

スマホでLINEを使うと祖父が元気になると信じ込ませる方法

そうしたやり取りを重ねて行くと、祖母はLINEでやり取りをすることが楽しくなってきます。

そして、スマホを操作すること自体に興味を持つようになりました。

LINEのやり取りでは

祖母
祖母
次は、写真の撮り方を教えてちょうだい
祖母
祖母
インターネットで展覧会の情報を検索したいからまた会いにきて教えて

と連絡が来るようになりました。

 

そして、私は毎日のように息子の動画や写真を送り続けました。

その結果、スタジオに一緒に写真を撮りに行くことが出来ました。

そして、最近は息子がアンパンマンに興味があることを伝えると

祖父
祖父
今度は一緒にアンパンマンミュージアムに連れて行ってあげたいな

と言ってもらえるまでになりました。

その言葉を聞いて祖母も

祖母
祖母
もっとお父さんにLINEで動画を見せた方がいいね

と言ってくれています。

 

 

祖父母にラインを覚えてもらうことがもたらした効果

ツイートした通りに、1年前にガラケーからスマホに切り替えてもらい、LINEを覚えてもらうことによって

祖母はピンクゴールドのiPhone8 Plusを使って、LINEやスマホ操作をして月に2回の絵画教室で人気者になりました。

引きこもりがちだった祖父は、次は息子とどこに行きたいかを探して楽しみにしてくれる様になりました。

1年前と比べると、LINEで毎日息子の写真や動画を見ることによって心が元気になりました。

その結果、祖父の行動範囲や動きが軽くなった様に感じています。

興味が行動に代わり、祖父を動かそうとしているのです。

LINEは、簡単な操作なのでシニア層にもとても使いやすいアプリです。

LINEでのやり取りがもたらす効果は私の想像をはるかに超えるものになりました。

その他にも

  • 災害、緊急時の為のために了承を取ってGPSの設定ON
  • LINEで家族グループを作って連絡を取り合う
  • 買い物を頼まれた商品を画像で確認してもらう
  • 体調が悪い時には報告LINEをしてもらう

等LINEを活用しています!

 

 

まとめ

1年前の私と同じ様に、祖父母とLINEでやり取りをしたいと思う方はたくさんいると思います。

しかしシニア層の頑固なところや新しいことを取り入れる苦手さを考えて、どうアプローチしたら良いか悩む人も多いと思います。

そんな方にはぜひ辛抱強くLINEを勧めて欲しいと思います!

祖父母にとって、ひ孫は最高の薬であり元気の源です。

諦めず辛抱強くスマホやLINEを使える様になってもらうためのお手伝いをしてくださいね!

\月額1,980円!/


わんこず
わんこず
最後まで読んでくれてありがとな!ブログの更新情報はtwitterで発信しているからフォロー(@yurupura_haru)してくれたら嬉しいぞ♪

ブログランキング参加中!ポチっとお願いします▼

にほんブログ村 ブログブログ ブログ初心者へ
にほんブログ村